Mindbooster!!

知的燃料貯蔵エリア。

なぜ、日本の政治家がいうことに疑いをもってしまうのか?

by arcus_f on 2012年6月30日

日本の政治は大丈夫?

消費税UPやら大飯原発の再稼動、違法コンテンツのダウンロード罰則化やら、騒がしい今日このごろです。
そんな中、民主党はくっついたり離れたり忙しそうですね。
街頭では議員さんが一生懸命演説している姿をよく拝見します。
「~~~を実現します。」「~~~を実現していきます。」・・・・
すごいです。改革の嵐です。だいぶ時間があったのでなんか成果でててもよさそうですが。
いずれにしても、いろいろ変革を迎えている時期な気がしますので、将来の自分に向けてという意味もあり、普段書かない政治ネタを書いてみたいと思いました。

橋下 徹という人

大阪が熱いですね。率直に言って、相当期待させていただいております。
なぜ、私が期待してしまったのか?を考えてみましたところ、1つの結論に至りました。
「削減する内容をきっちり説明している」からです。
「新しくやること」も説明されていますが、それ以上に、「やらないこと」を説明し、強力に推し進めていることに共感します。

「大きな政府」になっていく日本

なぜ、消費税増税議論に至ったのか?
国債発行額の増大が直接的な原因でしょうが、単純に国のサービスの拡大と、それに伴う固定費(箱モノ・人・権利意識)が増えていった結果でしょう。
自民党政権時代は経済右肩上がりでしたので、サービス拡大による国民への還元というモデルで支持を拡大させることができました。
が、バブル崩壊以後、そのモデルが崩れ、迷走し続けているということではないかと思います。
新しいモデルが見つからないまま、自民党の反対をいく民主党が政権をとってしまった。
しかし、民主党自身もサービス拡大という方向でしか機能できない。
既存の硬直化した構造を打破して、身軽な政府になることを期待していた国民が失望しているというのが現在の姿かと思います。

今必要なのは、直面する問題と解決の方向性の共有

政党が人気取りの為に、フルコースのサービスを提示してしまい、風呂敷を畳めなくなっているという現状に対し、
着実に財務状況の悪化と、少子高齢化による年金問題、地方の過疎化など不可避な問題の表面化が迫ってきていると感じます。よって、いま成すべきは、財務状態の再建を前提に今ある税収を前提としてどの問題を優先して解決するかを決めることだと思います。
しかし、これは苦しい。
すでに既存のサービスをやめることを意味し、そのサービスを受益している国民、サービスを提供している公務員が変化を迫られるからです。
言い換えれば、既存政党はこの闘争をするのを避けながら、サービスの拡大を謳っていたため、「大きな政府」になっていったと言えるのではないでしょうか?

また戻って橋下徹という人

私は、橋下さんはこの闘争をしていると見ています。
大阪府・市の問題の優先順位をつけ、まずは財政再建を行うため、既存サービスの取捨選択と効率化を府民・市民に訴えている。
その上でそのサービスの受益者と相対し、変化させている。このことが支持率75%という驚異的な数字の背景と思います。

これからの政治家

橋下さんは、右肩上がり経済以後、既存正当が見出せなかった政治路線を切り開いたのではないでしょうか?
これを独裁というのであれば、同様のスタイルの政治家が複数表れ、選択と集中の政治を推進していただければいいのです。
選択と集中に伴ってどうしても生じてしまう闘争をする覚悟のある政治家でないと支持されない世の中になっているのだと思います。さて、将来の自分がこのエントリを読み返してどう考えるのか、見物です。

よろしければこちらの記事もいかがでしょう?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player