Mindbooster!!

知的燃料貯蔵エリア。

PDCAは実はCが大切という件。

by arcus_f on 2015年1月1日

もう言うまでもないPDCA

PDCAです。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)。これですね。

何かやるたびに、「PDCAを回せ!」と言われる今日この頃かと思います。

もともとは工場などの生産管理からでてきた発想と聞いています。

なので、個人的にはどうもマーケティングなど、日常業務全般にPDCAと言われるのに若干違和感をもっています。

プラン、実行、評価、改善のうち、改善とプランがかぶってしまう気がして仕方がありません。

PDCAと言うほうも、「ちゃんとレビューして、やりっぱなしにするなよ!」ぐらいの意味合いで使っているのではないでしょうか?

ゆえ、SEE⇒THINK⇒PLAN⇒DO、つまり、「よく見て」「考えて」「計画し」「実行する」のほうがフレームワークとしてはわかりやすくて好きです。

ちょっと話がそれました。

PDCAの鍵を握る「C」

先日、一緒に飲んでいた方から「PDCAはC」が大事なんだよ!という熱い言葉を聴きました。

よくあるPDCAは確かに回っている。ぐるぐる回る。

しかし、回っているだけで、上がっていかない。下手すると下がっていってしまっているというのです。

つまり、PDCAを繰り返し、質を上げていくのがPDCAの本質なわけですが、細かいチェックと改善にとどまるとチンマリとまとまってしまい、

回転の輪が小さくなる上に、結果的に質が下がっていってしまうということです。

その回転をあげる鍵となるのが「C」であると。

行っていることの目的に沿った「CHECK」をする。これによって次のサイクルの質が上がるというわけです。

数字合わせ、つじつまあわせの「CHECK」にとどまると、PDCAを回しても停滞し続けるということですね。

酔っ払いながらも、なるほど~と思ったので、ここに記します。


男子厨房に入ってみる→手作り味噌に挑戦~完成編!~

by arcus_f on 2012年10月8日

はじめに

大分時間が経ってしまいましたが、今年の3月に仕込んだお味噌の開封式を行いました。

結果

(多分)大成功!!

おそるおそる舐めてみますと、ちょっと水分が多めで緩い感じではありますが、確かに濃厚な味噌の風味。

若干塩味が強いですが、問題ない範囲です。

早速必要量を取り出してタッパーに。

開封の様子

ふたを開け、重しにしていた、塩入りのビニール袋を取り出します。

その袋とふたにしていたラップの間には若干のカビと謎のドロドロが^^;

しかし、ラップの下は全く問題なく、スプーンを差し込みテイスティング。

かなりおいしくできたと自画自賛。

必要量を取り出してから、焼酎で殺菌して、また封をしてしまいました。

さて、今後はどうなるんでしょう?


なぜ、日本の政治家がいうことに疑いをもってしまうのか?

by arcus_f on 2012年6月30日

日本の政治は大丈夫?

消費税UPやら大飯原発の再稼動、違法コンテンツのダウンロード罰則化やら、騒がしい今日このごろです。
そんな中、民主党はくっついたり離れたり忙しそうですね。
街頭では議員さんが一生懸命演説している姿をよく拝見します。
「~~~を実現します。」「~~~を実現していきます。」・・・・
すごいです。改革の嵐です。だいぶ時間があったのでなんか成果でててもよさそうですが。
いずれにしても、いろいろ変革を迎えている時期な気がしますので、将来の自分に向けてという意味もあり、普段書かない政治ネタを書いてみたいと思いました。

橋下 徹という人

大阪が熱いですね。率直に言って、相当期待させていただいております。
なぜ、私が期待してしまったのか?を考えてみましたところ、1つの結論に至りました。
「削減する内容をきっちり説明している」からです。
「新しくやること」も説明されていますが、それ以上に、「やらないこと」を説明し、強力に推し進めていることに共感します。

「大きな政府」になっていく日本

なぜ、消費税増税議論に至ったのか?
国債発行額の増大が直接的な原因でしょうが、単純に国のサービスの拡大と、それに伴う固定費(箱モノ・人・権利意識)が増えていった結果でしょう。
自民党政権時代は経済右肩上がりでしたので、サービス拡大による国民への還元というモデルで支持を拡大させることができました。
が、バブル崩壊以後、そのモデルが崩れ、迷走し続けているということではないかと思います。
新しいモデルが見つからないまま、自民党の反対をいく民主党が政権をとってしまった。
しかし、民主党自身もサービス拡大という方向でしか機能できない。
既存の硬直化した構造を打破して、身軽な政府になることを期待していた国民が失望しているというのが現在の姿かと思います。

今必要なのは、直面する問題と解決の方向性の共有

政党が人気取りの為に、フルコースのサービスを提示してしまい、風呂敷を畳めなくなっているという現状に対し、
着実に財務状況の悪化と、少子高齢化による年金問題、地方の過疎化など不可避な問題の表面化が迫ってきていると感じます。よって、いま成すべきは、財務状態の再建を前提に今ある税収を前提としてどの問題を優先して解決するかを決めることだと思います。
しかし、これは苦しい。
すでに既存のサービスをやめることを意味し、そのサービスを受益している国民、サービスを提供している公務員が変化を迫られるからです。
言い換えれば、既存政党はこの闘争をするのを避けながら、サービスの拡大を謳っていたため、「大きな政府」になっていったと言えるのではないでしょうか?

また戻って橋下徹という人

私は、橋下さんはこの闘争をしていると見ています。
大阪府・市の問題の優先順位をつけ、まずは財政再建を行うため、既存サービスの取捨選択と効率化を府民・市民に訴えている。
その上でそのサービスの受益者と相対し、変化させている。このことが支持率75%という驚異的な数字の背景と思います。

これからの政治家

橋下さんは、右肩上がり経済以後、既存正当が見出せなかった政治路線を切り開いたのではないでしょうか?
これを独裁というのであれば、同様のスタイルの政治家が複数表れ、選択と集中の政治を推進していただければいいのです。
選択と集中に伴ってどうしても生じてしまう闘争をする覚悟のある政治家でないと支持されない世の中になっているのだと思います。さて、将来の自分がこのエントリを読み返してどう考えるのか、見物です。


男子厨房に入ってみる→手作り味噌に挑戦~仕込み編~

by arcus_f on 2012年5月3日

ようこそです。ついに発酵モノに手を出してみたくなり、発酵といえば味噌でしょうという短絡的な発想で挑戦です。

手作り味噌の材料

  1. 大豆 1kg
  2. 乾燥麹 800g
  3. 塩 500g
  4. 焼酎 少々(消毒用)

手作り味噌の作り方

手順1 大豆を12時間ほど水に浸す。

かなり膨らみます。大きめの鍋がいいですね。

大豆を浸す

大豆を浸す

手順2 一度水を捨て、たっぷりの水で煮る。

3時間ほど煮込む必要があります。アクが出るので、とりましょう。

手順3 大豆を潰す。

厚いうちに袋に入れて潰すか、私は面倒なのでフードプロセッサーにいれちゃいました。

入れすぎると動かなくなるので、少しずついれたほうがいいです。

大豆を潰す

大豆を潰す

手順4 容器を焼酎を浸したクッキングペーパーで消毒する。

丁寧にやっておかないと、ナウシカが喜ぶ羽目になります。

手順5 潰した大豆に麹を均一に混ぜる。

均一に、がポイントな気がします。初チャレンジなのでわかりませんがw

麹を混ぜる

麹を混ぜる

手順6 均一に混ぜた大豆をこぶし大の団子にして、容器に入れる。

大豆団子を握って、容器にどんどん敷き詰めていきます。

手順7 容器に入れた団子を隙間ができないように潰す。

団子を手のひらで潰し、隙間なく詰めていきます。

手順8 表面をラップで覆い、重しとなる塩を乗せる。

最後にラップをぴったりと敷き詰め、重しとなる塩を層になるように乗せます。全量のせましょう。

ラップをする

ラップをする

手順9 手順4と同じく消毒をしたフタをする。

容器のフチのふたをちゃんと消毒して、封をして完了です。

ふたをする

ふたをする

手順10 半年後に期待しつつ、にんまりする。

「手前味噌」を自慢できる日を期待しつつ、おもむろにしまいましょう。

あとがき

というわけで、仕込み編です。できあがったら仕上がり編をUPします。お楽しみにw

自分の味噌で味噌鍋とかいいよなぁ。


ニコニコ動画の「ゲーム機戦争」がマーケティング的にも秀逸な件

by arcus_f on 2012年4月22日

ニコニコ動画の人気のコンテンツ、「ゲーム機戦争」がついにPART6まできましたw
1975年からのゲーム機市場のシェアを物語調にまとめた作品です。
ゲーム機黎明期に様々な業界からの参入(なんと「学研」もw)とゲーム機の乱立。
特定の内臓ゲームしかできなかったゲーム機の中で、基本スペックと価格、コントローラーの出来というバランスの良さに加え、カセット式にすることで差別化し競争の土俵を変えて一気にシェアを引き上げた任天堂「ファミリーコンピューター」。
次の競争は「スペック」。8ビット機→16ビット機、発色機能、音源等々。
しかし、各社ブルーオーシャンを求めて「携帯機」市場に進出し、そこでも苛烈な戦いに。
だが、最終的にはスペックではなく「ソフトウェア」がキーに。
消費者が欲しがる強力な「ブランド」をもつソフトウェア会社がどのゲーム機=プラットフォームに行くかという帰趨がゲーム機のシェアを握る。
ソフトウェア会社が開発しやすい環境を作り出せるかどうかが重要になってくる。
面白いのは、このようなロジカルな話もあるなか、「黒いハード」は負けるwというようなジンクス的なものも存在しているところ。
面白おかしく、示唆が得られますw(ホントか?!)
しかし、どれも懐かしすぎるなぁ。




「戦略はSWOT分析で発想しちゃだめだ。」と腹オチした件。

by arcus_f on 2012年3月3日

SWOTってピンとこないんだよね

こんにちは。ようこそです。
SWOTですよ。大それたテーマを置いてしまいました。
SWOT分析は、自分でも何度かやっていますが(質はともかく、、、w)、
過去振り返ってみると、どうも大変な割りにピンと来ない。どうもムリムリ作る感が否めない。
皆さんどうでしょう?そんなことないですか?
(SWOT自体の方法は他のサイトでいっぱい紹介されているので割愛いたします。)

強み・弱みは相手次第。

SWOT分析は

S:強み 競争環境における自社(自分)優位性
W:弱み 競争環境における自社(自分)劣位性
O:機会 環境に起因する自社(自分)に対するポジティブな現象
T:脅威 環境に起因する自社(自分)に対するネガティブな現象

の4つに分類し、戦略策定の為に整理整頓していくわけですが、
考え初めの段階では、発想主は「思い込み」をなくす為に頭の中がまっさらであるべきですよね。
にもかかわらず、客観的事実であるべきの機会と脅威はともかくとして、
状況や相手によってくるくる変わる、「強み」「弱み」を決めなくてはいけないというのがムリがあるわけです。

舞の海は強いのか?弱いのか?どう戦えばいいのか?

以前相撲をよく見ていたときに、私は「舞の海」関が好きでした。
体は小さいけれども、とんだりはねたり、ワザのデパートのような力士で、
でっかい相手をひっくり返してしまう爽快感といったら。。。このぐらいにしておきます。

外国人力士も増えてきたプロ力士(競争相手)に対し、舞の海関は小柄でしたから明らかに力が劣っています【弱み】
しかしながら、他の力士が追随できない技量を持っていました【強み】
一方で、同じ舞の海関も、アマチュア力士相手であれば、十分力がある上に、技量もずばぬけています。

つまり、「強みと弱みは相対的な概念ですので、戦略の方向が見えてから初めて決まる」というわけです。

SWOT分析は、整理整頓の為のツール。

従って、SWOTは戦略発想のためにつかうツールではなく、戦略アイデアを整理し、筋のよさを比較するためや、
アクションの優先順位をつけ、実現の工程を整理する為のツールとして使うのが妥当です。
いきなり発想段階から使うと「強みに入れたらいいのか、弱みに入れたらいいのか」ワケワカラン状態に陥ると思います。
たとえば、「少品種大量生産が得意!」これ、どうしましょう。強みにもなるし、弱みにもなりますよね。

では発想にはどんな方法がいいのか?

個人的には発想にはマインドマップが一番よいと思っています。マインドマップで網羅的に要素をひっぱりだしたあとに整理するのが楽だと思っています。
ただ、マインドマップによる戦略の発想はそれだけでは機能しません。
3Cや、4P等のさまざまなフレームワークの基本知識があって初めて機能すると思います。
マインドマップで、3C、4P等のフレームワークを駆使し、あらゆる与件を抽出し、
それをSWOT分析に落として戦略アイデアをつくり、妥当性を確認。ToDoをクリアにし、順序をつくる。
この流れがマイブーム中。

「当たり前だろ!」といわれそうですが、ようやく気がつきましたので。メモメモ。


脱原発も可能?マグネシウム発電!日本の技術はすごい!

by arcus_f on 2012年2月28日

夜景

今年の節電は大丈夫か?!

知られざるダークホース「マグネシウム発電」

テンションあがりまくりでタイトルを書いてしまいました。
マグネシウム!!次世代エネルギーの本命だと思います!
核融合、水素、太陽発電、風力、水力、地力、、、、どれも長所短所満載。

核融合、、、技術的にまだできてない。
水素、、、、ガスなので圧縮しておかないとダメ。
太陽発電、、変換効率悪い。天気わるいとダメ。
風力、、、、メインにはならないですよね。
水力、、、、同上
地力、、、、同上

が、「マグネシウム発電」は考えうる限りパーフェクトと思います。
マグネシウムは金属なので、なかなかイメージがわかないのですが、激しく燃えます。
これを燃料とする発想です。

マグネシウム発電の強み

  1. マグネシウム自体は海に潤沢に存在する。
  2. 安定している。
  3. 燃やしても酸化マグネシウムになるだけで、CO2がでない。
  4. 熱量も十分にある。(同体積の水素の10倍)

というわけで、パーフェクトに見えます。
ではなぜ普及していないのか?

  1. マグネシウムは酸素と結びつきやすく、引き離す(還元する)のにエネルギーが必要。
  2. マグネシウム自体が高価。(5~600円/kg)

上記1)、2)がハードルとなっているわけです。

東工大 矢部教授のブレイクスルー

が、東京工業大学の矢部教授はすごい!太陽光を使ってこの問題を解決しちゃったわけです。
矢部教授は、太陽光から強いレーザー光線を作ることを可能にしました。
もうレーザーとか言われるとSFですが、何と2万℃という高熱を作れるそうです。
これによって、酸化してしまったマグネシウムを熱し、酸素と引き離してしまうことができるそうです。
尚且つ、太陽光を利用し、海水からマグネシウムを取り出すプラントもできているそうです。
よって、コストがかからない。
さらには、淡水を得られるおまけつき

つまりは、

  1. 海から太陽光でマグネシウムを取り出す。
  2. マグネシウムを燃やして電気を得る。
  3. 酸化マグネシウムを太陽光レーザーで還元する。
  4. 2.に戻る

というサイクルなのです。最強。

というわけで、邪魔をしていた上記の問題はクリアされます。よって、あとは普及するだけ!

低コストで活用できるマグネシウム発電

エネルギーそのものがタダ

最初のエネルギーは「太陽光」であるため、「タダ」です。

装置が比較的コンパクト

レーザー光線をつくる機械自体はシンプル。しかも場所もとらない。

既存の発電インフラが使える

火力発電所など、既存のインフラの燃焼部分だけ換えればよく、タービンを回すしくみは変わらない。
太陽が燦燦と降り注ぐ海でも発電可能。

もう夢が止め処もなくひろがります。
マグネシウム発電は、太陽の光のエネルギーを「マグネシウム」にチャージするという発想です。

マグネシウム発電に興味をもたれた方は

ぜひ、みなさんも矢部教授のレポートを読んでみてください。
うちの会社の工場にも入れてくれないかなw

興味を持っていただけた方、ぜひ、矢部教授の本も読んでみてください。
文系でも理解できるわかりやすい内容になっています。

他、関連記事
日経サイエンス「太陽光レーザーが拓くマグネシウム社会」
TIME誌「Heroes of the Environment 2009」


子供の作品を断捨離できない親に贈る、作品整理法 Camscanner活用術。

by arcus_f on 2012年1月22日

ようこそです。
ウチには小5、小3の子供たちがおりますが、彼らのクレヨンで描いた絵やら、お習字やらが幼稚園のころからたまっておりますw
なかなか手ごわいのは、形が不定形だったり、クレヨンなどべたべたするものだったりするものだったり、ついには立体物だったりでスキャンなんか成立しないものが多いです。
が、iphoneアプリ(アンドロイド用もあるようです)の「Camscanner」を利用することでこれらの課題を解決できます。
すべてデータ化してPDFにしてしまうことで、作品集になり劣化なく残せるばかりか、祖父母などにも贈ることができるようになるというおまけ付。
よかったらやってみてください。
Camscannerはホワイトボードや、書類などを写真で撮影し、余分な部分をトリミングするという仕掛けのソフトです。
とすると、書類だけに使っている必要はないですよね。
というわけでやってみます。

まずは未来の天才の作品を撮影します。すると水色の枠でトリミングする枠がでますので、調整しましょう。

右下の”レ”を押すと、トリミングした上で長方形に直してくれます。
これを繰り返して作品を撮りまくります。

すると、図のように撮った作品が並びますので、撮り終わったらタイトルをつけてしまいましょう。
とりあえず、「1-2年生」としておきます。アルバムみたいなものと思ってください。左上の「上へ」を押しましょう。


ページが戻ると、「1-2年生」というファイル≒アルバムができています。これで作品の電子化は終了です^^

次に、外部のファイルサーバーをもっている方はそれをPDFにして保管しておけば何かがあってもクラウドに作品が残るので安心です。
私はEvernoteを使っているので、UPLOADしてみたいと思います。
先ほど作った「1-2年生」のファイルを長押しすると、ゴミ箱を含む5つのアイコンが現れます。
この一番右にある”↑”を押しましょう。
すると、”PDFをアップロード”という画面が開きますので、その中にある”Evernote”を選択します。
(DropBoxなども同じような方法でできると思います。)

そして必要に応じてタグをつければOKです。ここでは”Family”にしてみました。

こんな画面がでて完了です。
書いてみると長いですが、やってみると非常にカンタンです。撮影後の作品を取っておくかおかないかは様々と思いますが、デジタルになるのは便利ですね。
より詳しい使い方はCamscannerの使い方を調べてみてください。

※あくまでも自己責任でお願いします。作品を捨てる際には確実にデータ化できているか確認しましょう。


男子厨房に入ってみる。→餃子を作るよ。

by arcus_f on 2011年12月24日

クリスマスということで、餃子を作ることに。(謎

家族参加でということなのです。
子供にはニンニクの皮をむいてもらい、嫁さんとは包むのを協業。
この過程で一家の絆を確認する、と。
あ、、、、子供が脱走した;;

材料(80個分)
<主食材>
・餃子の皮 80枚
・ひき肉適当。500gぐらい。
・白菜 700g 1/2玉ほど。
・ニラ 1束
・ニンニク 3片
・しょうが 2片程度
<調味料>
・丸鶏がらスープ 10g
・しょうゆ 小さじ2程度
・ごま油 小さじ2程度
・塩
・こしょう

↓こんなのでちょっと作り方のカンを。動画動画。

最初に白菜みじん切り。うりゃりゃりゃりゃ、、、、りゃ、りゃ、、はぁはぁ・・・
動画みたいにすぐにできないよ!一番時間かかったかもww
大量にできました。謎の達成感!

塩もみして放置。水がでますよ。10分ぐらいしたら絞る。
続いてニラを刻む。これはカンタン。

そんでもって、ニンニクの皮をむき、おろし器ですりおろす。続けてしょうがもすりおろす。

終わったら肉と調味料を合わせ、を粘り気がでるまでこねて、
野菜としょうが、にんにくを突っ込みさらにこねる。
 
これで中具完成!!
中具を皮で包みます。
嫁さんやっぱりうまい。嫁さんは片方から寄せ続けて閉じるタイプ。
自分は真ん中を閉じてから左右を寄せるタイプ。

左がよめさん、右が自分。
ほとんどやったことないけど、、まあまあかなw(汗
あとは、上手に焼いて。。。。焼き方は(ry

腹いっぱい餃子祭り完了です!


SNSタイムカプセルという発想。世代間コミュニケーション。

by arcus_f on 2011年12月13日

ようこそです。
Facebookが日に日に普及しているのを実感しています。
これらSNSによって人と人とのつながりを妨げる地理的な障害がなくなり、子供の頃の友人から最近の知り合いまで、その気になればいつでも対話することができるようになりました。
これによって起きた変化として、これまで筆不精で「日記」などとは無縁な人たちが、結果的にログという形で「日記」を残しています。

話は変わりますが、私は本が好きです。というのも、本は経験の塊です。
さまざまな経験を経た人がかなりの時間と労力をかけて自らの経験・知見を人にシェアしようと書き上げたのが本です。
ゆえ、後進は先人の得た知見を、何分の一かの労力で習得できる可能性のあるものが本です。
デジタル的には経験を文字にコンバートし、共有可能な状態にし、必要な人がダウンロード、インストールできる状態になっているものと考えられるでしょう。

では、もどってSNSのログとは何か?
まさに日々の経験を文字化したデータの集まりとみなせます。
一点、本と違うのはエッセンスではないという点だけです。しかし、雑味というか、本人が意図していない情景などが分かる利点もあります。

現在のSNSの使われ方は主にリアルタイムの友人知人とのコミュニケーションが中心です。
しかし、SNSの真価はそこにはとどまらないと考えます。
つまりバイオグラフィーとしての世代間コミュニケーションツールとしてのSNSという側面です。
自分の子供、孫などが、同じ年頃の親達が何を考えていたのかが分かる。
何に苦悩し、どのような希望や野心をもっていたかが分かる。
生の自分の親達の姿がそこには残り、身近ゆえにどの本よりも濃厚で等身大の人間の生き様が分かるツールとなるはずです。

将来の世代のあり方が良くも悪くも大きく変わるでしょう。
過去の親のウォールに、何十年後に同じ年頃になった子供がコメントするというようなことも起きるかもしれません。
とすると、子供達世代にまっすぐ向かい合う為に、我々があるべきは知識やお金、ちょっとした賢さではなく、恥じる必要のない生き様なのではないかと思います。
恐ろしい世の中になりました、、、w


Get Adobe Flash player